八幡八雲神社 由来と歴史

季節のもよおし

1月 初詣(新年清祓式)
一年の始まり、新年清祓式は1月1日から随時執り行われます。その年一年の無病息災・身体健全・家内安全・商売繁昌・交通安全・災厄祓除などをご祈願いたします。
授与所では御神札・御守・破魔矢などを頒布いたします。年が明けると神楽殿では奉納囃子、境内では甘酒・厄除そば・御神酒無料接待が行われます。また、車イスでのご参拝も可能にするために、正月期間は社殿前の段差に車イス用スロープを設置しております。


2月3日 節分祭
節分とは気候の移り変わる時、即ち立春、立夏、立秋、立冬の前日を指しますが、今日では特に立春の前日のみを節分と称し、神社の行事として豆まき(豆うち)を行っています。毎年、特別年男・年女として200名余りの方々が参加されています。境内の特設舞台より「福は内、鬼は外」と元気良く豆まきをし、神楽殿では奉納囃子、境内では青年会により甘酒、厄除そばの無料接待が行われます。また子供無料豆まき、福銭まき、子供神輿渡御も行います。
特別年男・年女として個人1万円、法人3万円以上でどなたでも参加できます。(裃着用、御神札・供物授与いたします。詳細はお問い合わせください。)


5月4日 横山神社例祭
横山神社は八幡八雲神社境内、神楽殿西隣りに祀られた神社です。平安時代、この地に横山の牧が設けられ、武蔵守小野隆泰が国司の時代に京都・岩清水八幡宮を勧請(現在の八幡八雲神社)し、その子義孝が横山姓に改め、八幡宮を中心に祭政一致を行いました。横山党開祖・義孝公を祀った社であり、八王子開祖神・横山神社例祭として斎行されてきた祭であります。この横山神社へは全国の「横山」の子孫・関係の方々がルーツを訪ねて、参拝に訪れております。


7月23日 八雲神社例大祭
八雲神社例大祭(神事)は毎年7月23日・午前10時より斎行致します。古来より曜日に関係なく7月23日に斎行されております。神事のあと、八王子まつり時の山車・神輿・神酒所用の御神札を本殿にて氏子各町会代表の皆様にお渡し致します。
本来ならば神輿神幸渡御にて奉配致したいところですが、神幸祭は八王子まつり最終日(日曜日)のため、事前に奉配しています。


8月第一金・土・日 八王子まつり
昭和36年に八王子市民祭として発足し、昭和41年に八王子市制50周年記念として、それまで個別に行われていた八幡八雲神社(下の祭・7月23日~24日)と多賀神社(上の祭・8月15日~16日)の祭礼を一部併合し、山車等はこの時期に参加するようになり、昭和44年よりは「八王子まつり」と改称され現在に至っております。八王子まつり2日目(土曜日)には下地区氏子町会の山車・神輿が町内巡行で参拝のため多数当神社境内に参集いたします。最終日(日曜日)午後2時からは神幸祭として宮神輿渡御を斎行し、八王子まつり全ての行事が終わるのを見届けた後、夜8時50分より還幸祭(宮入り)を斎行致します。開催内容・交通規制情報などは八王子まつり公式サイトをご覧ください。


9月15日 八幡神社例大祭
例大祭とは御祭神に縁故のある日、または神社に由緒のある日を選び行う祭で、最も重要な祭であります。当神社では、7月23日の八雲神社例大祭と9月15日の八幡神社例大祭の時のみ、それぞれの御扉を開閉致します。また神事は曜日に関係なく9月15日に斎行し、直後の土・日曜日に囃子共演(7~8団体)を中心に、万灯神輿・子供神輿・和太鼓・民踊・大正琴・空手演武・大抽選会(参加無料・豪華商品多数)などを行っております。


11月 七五三
昔は男女三歳で髪置き(かみおき)の祝、男児五歳で袴着(はかまぎ)の祝、女児七歳で帯解(おびとき)の祝を正月の吉日か誕生日に行いました。現今では男女とも三歳・五歳・七歳の子供を連れ、神前に詣でて子供の成長と福運を祈願する慣習となっています。


11月 菊花展
毎年11月上旬より中旬まで、神社参道および境内にて、八王子愛菊会の皆様により奉納菊花展を開催しております。品評会として開催され、高レベルの菊花出品が見られます。
七五三の時期でもあり、錦秋の一日、観菊をかねての参拝の方々も多数おられます。


12月 大注連縄張り神事
新年を迎えるための大切な神事です。毎年28日午後7時より本殿にて奉賛会、青年会、宮元頭、年番頭の皆様が参列し、神事を斎行致します。続いて拝殿前に大注連縄を青年会会長のかけ声とともに元気良く引き上げ取り付け、続いて大鳥居に大注連縄を宮元頭中心に氏子町内頭連の手助けのもとに張り上げます。


12月 大祓式
12月31日午後11時より大祓式(古神札等お焚き上げ)を斎行致します。当神社では毎年、境内に年末より1月中旬まで「古札納所」を設置致します。しかし近年、本来神社でのお焚き上げの対象となり得ない物まで持参される場合が増えてまいりました。あくまで「御神札」「御守」等だけで「人形」「ぬいぐるみ」「アクセサリー」「だるま」等、不燃物はご遠慮ください。当神社よりの頒布品が原則で、その他はお断りする場合がございます。なお当神社頒布品は一年中奉受いたします。「人形」「ぬいぐるみ」など当神社頒布品以外はご相談ください。


このページの先頭へ