八幡八雲神社 由来と歴史

由緒

八幡八雲神社(はちまんやくもじんじゃ)は、八王子市の中央部に位置した神社で、八幡神社と八雲神社を合祀したものです。

八幡神社の創立

八幡神社の創立は延長二年(九二四)、武蔵盛隆泰が国司の時、此の地へ石清水八幡宮をまつり、国土安全を祈願したのが当社の起源です。その後、隆泰の長子、小野義孝は武蔵権之守に任ぜられて当地に来り、父の遺志を継いで八幡宮を再建し、任期が満ちたので此地に永住することとなったのです。そして先ず小野氏を横山氏と改め、追々当地を開拓し、遂に一村落を形造り横山村と呼びました。

横山神社 横山神社について
義孝は八幡宮を中心に祭政一致を行いました。此人が武蔵七党の一つである横山党の始祖で横山義孝と申す方であります。
八幡神社は実に、八王子草創の神で、当時は横山之庄(八王子を中心に方数里)の総鎮守でありました。境内にある横山神社は開祖横山義孝公をまつった社で、その創立は建保年間(一二一三〜一二一八)であります。
八雲神社の創立

八雲神社は、俗に天王様と申し、延喜十六年(九一六)大伴妙行が、深沢山(元八王子城山の古い名称)の頂上に奉斎し、天正年間、北条氏照が此山に城を築いてから氏神として崇敬しました。天正十八年(一五九〇)六月落城の時、城兵は天王の神体を奉戴し、川口村黒沢の地に密かに逃れ、北条残党の氏神として崇敬していました。
慶長三年(一五九七)六月、大洪水のため神体は流失し、遂に八王子新町の北なる板谷ヶ淵に漂着しました。暗夜に御光を放ち現れた神体を、六月十三日未明新町百姓五兵衛という者が之を発見し、自宅土間の臼上に移しました。その後初穂の小麦を煎って供物とし、朝夕礼拝している内、或夜夢の中に不思議な神勅を受け、宿長の長田作左衛門の助力を乞い、八幡の社内に遷座しました。

その後

それから承応二年(一六五三)に至り、八幡宮と棟を並べ社殿を建て、世に両社と尊崇され、長く当地の氏神となったのです。

ご祭神

当社は武蔵国八王子の中央部に鎮座し、往古より両社と称し、八幡神社は八王子創始の地主神で、また八雲神社は八王子の地名発生の神と言われ、共に八王子と最も深い関係を有する大切な御社であります。

八幡神社ご祭神誉田別尊(ほんだわけのみこと)
ご神徳開運・厄除・家内安全・交通安全・安産・学業成就など
八雲神社ご祭神素盞鳴尊(すさのおのみこと)
ご神徳 国土安全・厄除・商売繁盛・身体健全・学問・縁結びなど

交通のご案内

八幡八雲神社
〒192-0063
東京都八王子市元横山町2-15-27
電話 042-623-0720
FAX 042-623-3391

[電車]
JR八王子駅北口下車 徒歩10分
京王八王子駅下車 徒歩10分
[バス]
追分、高尾方面行き乗車
横山町3丁目下車 徒歩2分
[お車]
境内に参拝者用駐車場がございます。神社前の車道は一方通行です。必ず「八幡八雲神社北」信号よりお入りください。
カーナビの場合、一方通行を逆走するように案内することがあるようですので、ご注意ください。


このページの先頭へ